オルニチンの働きとサプリの安全性

オルニチンは私たち人間のからだにもともと存在している成分で、食物からも微量ながら摂取しているものです。摂取することでどのような効果があるかというと、肝臓の働きを助ける効果があると言われています。お酒を普段からたくさん飲む方は、肝臓に負担をかけている可能性があります。そのため、オルニチンサプリを摂取することで、飲みに行ってもからだへの負担が軽くなったと感じたり、朝、寝起きがよくなったり、元気に過ごすことができたりします。食品としては、主にしじみに含まれていますが、しじみに含まれるアミノ酸の一種であるオルニチンが、お酒を飲んだ時などにアルコールを分解する肝臓の働きをサポートしてくれるために肝臓への負担を軽くしてくれるという働きがあるためです。肝臓はエネルギーを蓄えたり、からだの代謝を担ったりと様々な働きをしている重要な内臓です。その肝臓に何らかの負担がかかると、からだに様々な不調をきたいしてしまいます。オルニチンは1日に400~1000ミリグラムほど摂取するとよいと言われていますが、過剰摂取することで腹痛や下痢などの症状があらわれることがあります。しかし、自然界存在する天然成分で人のからだの中にも存在しているものです。そのため、大きな副作用の心配はなく、安全な成分であると言えます。サプリは、毎日継続して摂取することで効果を期待できるものです。そのため、長く続けることが大切となるので、使用方法や摂取量を守ることが大切です。